趣味と日常の日記

登山、インテリア、DIYなど、趣味を中心に日記をつけていきます。

来客用スリッパ収納

とっても小さな悩み。

誰か来たとき用のスリッパ、
床に置きっぱなしにするのは
だらしがないので、
収納しよう。
(滅多に人来ないけど)

かごのようなものに入れて置いておく。
でも人来ないのに出しておくのもなぁ。

靴箱の中にタオルハンガーを
つけてそこに掛ける。
賃貸だけど両面テープとか
いいのかな?

 

そんなこと考えていた結果。

 

f:id:onoyu0813:20180515003748j:plain

 

f:id:onoyu0813:20180515004336j:plain

 

家にあった余りのつっぱり棒で。
邪魔にもならず、どこも傷つけず汚さず。
よく思いついた。
自己満足でした。

 

おわり。

屋久島トレッキング 3泊4日 ~4日目 最終日~

屋久島3泊4日最終日

前回の記事はこちらです。

屋久島トレッキング 3泊4日 ~3日目 宮之浦岳登山 Part2~ 

6時半ごろ起床。
布団で寝るのが久しぶりだったため、
しっかり2度寝しました(笑)

宿泊先は宮之浦港付近のホテルです。
登山の疲れはありますが、折角なので
海岸を散歩しました。

f:id:onoyu0813:20180512000159j:plain

ホテルのこいのぼり。

 

f:id:onoyu0813:20180512000222j:plain

f:id:onoyu0813:20180512000254j:plain

f:id:onoyu0813:20180512000416j:plain

海もいいけどやはり山に行きたい(笑)

 

屋久島から鹿児島空港まで
飛行機での移動。
時間があったので、
お土産を買い漁りました。

f:id:onoyu0813:20180512000601j:plain

patagoniaならず、yakushima。

 

f:id:onoyu0813:20180512000612j:plain

屋久島の苔。
なんだか茶色いです・・・。
育てていきます。
育つものなのかは分かりませんが(;^_^A

 

そんなこんなで飛行機に乗り、
鹿児島空港へ。
そこからさらに飛行機を乗り継ぎ、
静岡へ帰宅しました。

 

屋久島、とても素敵な場所でした。
自然の様々な表情を見ることができ、
感無量です。
また、縄文杉をはじめとした
木々のスケールの大きさや、
宮之浦岳山頂の絶景など、
圧倒されるばかりでした。

奇跡的なことに、この3泊4日、
雨が一度も降りませんでした。
1ヶ月に35日は雨が降ると言われる
屋久島でずっと晴天。
日頃の行いですね^^

 

屋久島、ぜひまた来たいです!

 

おわり。

屋久島トレッキング 3泊4日 ~3日目 宮之浦岳登山 Part2~

屋久島後半戦です。

前回の記事はこちら。

屋久島トレッキング 3泊4日 ~2日目 宮之浦岳登山 Part1~

 

宮之浦岳登山2日目、
新高塚小屋からスタートです。

早朝3時過ぎに起床し、
テントを片付け、
4時頃出発です。
登山の朝は大変早いですが、
苦じゃないのが不思議です。

日の出の時間はAM5:30頃です。
日の出の瞬間をどこかで見たわけ
ではありませんが、
歩いている途中で朝焼けの綺麗な
景色を見ることができました。

f:id:onoyu0813:20180510094847j:plain

f:id:onoyu0813:20180510094853j:plain

木が朝日に照らされて、
とても幻想的な雰囲気を
漂わせていました。

f:id:onoyu0813:20180510095253j:plain

 

小屋から歩くこと3時間半、
ついに宮之浦岳山頂に到着です。

f:id:onoyu0813:20180510102639j:plain

f:id:onoyu0813:20180510102647j:plain

標高1,936m
日本100名山最南端の山
登頂です。

手前には山、奥には海。
屋久島全体が一望できる
パノラマビュー。
絶景でした。

f:id:onoyu0813:20180510102750j:plain

 

山頂を堪能し、下山していきます。

途中に不思議な岩があったり、
下山途中も見どころが多かったです。

f:id:onoyu0813:20180510112510j:plain

 

ヤクシカやヤクシマサル
にも出会いました。

f:id:onoyu0813:20180510112627j:plain

 

14時ごろ、淀川登山口に到着。
下山しました。
1日目9時間
2日目10時間
ハードな工程でした。
さすがに疲れましたね(;^_^A

下山後、バス停のある紀元杉へ。
紀元杉付近に紀元命水という
湧水がありました。
名水百選に選ばれているそうです。
疲れた身体に染みわたりました。

f:id:onoyu0813:20180510113050j:plain

 

バスに乗って宿泊先に到着です。
2日間お風呂に入っていなかったので
とにかく入浴。
2日間の汚れを落とした気分で、
最高です。

晩御飯を食べ就寝。
次の日帰ることを考えると
名残惜しいです。
宮之浦岳、圧巻でした。

4日目に続く。

おわり。

屋久島トレッキング 3泊4日 ~2日目 宮之浦岳登山 Part1~

前回の続きです。

屋久島トレッキング 3泊4日 ~1日目 フェリーはいびすかす~

屋久島3泊4日のうち、
中2日間は宮之浦岳登山です。

1日目
白谷雲水峡登山口→ウィルソン株
縄文杉→新高塚小屋(テント泊)

2日目
新高塚小屋→宮之浦岳→淀川登山口

ざっくりとしたルートです。
これだけでも見どころ満載です。
もちろん、これらのほかにも
見どころはたくさんありました。
ありすぎて何を見たらいいのか
わからなくなるレベルです(笑)

 

宮之浦港からバスに乗り、
白水雲水峡へ。
白水雲水峡はもののけ姫のモデル
となった場所です。

f:id:onoyu0813:20180509083813j:plain

とても幻想的です。
苔の緑がとてもきれいでした。
今にもコダマが出てきそう・・・(笑)

 

進んでいくと、楠川分かれという、
分岐があります。
先へ進む道か、太鼓岩に行く道か。
太鼓岩へは一周20~30分程で行って
戻ってこれます。
せっかくなので太鼓岩へ行くことに。

f:id:onoyu0813:20180509085847j:plain

絶景です。
体力に余裕があれば、
ぜひ行くべきです。

 

分岐に戻り、先ヘ進むと
ロッコ道になります。

f:id:onoyu0813:20180509090540j:plain

最初は気持ちが高まりました。
しかし、この道が長いこと・・・。
2時間ぐらい歩いたような気がします。
(うろ覚えですが・・・)
途中からは線路早く終われと
思うばかりでした(笑)

 

ロッコ道を抜けると、
有名なウィルソン株。
株の中に、見上げるとハート
に見える場所があります。
偶然その場にいた子供が
教えてくれました。
教えてもらえなければ
素通りしていたかも(笑)

f:id:onoyu0813:20180509091209j:plain

見事にハートに見えるんですね。
ありがとう、お嬢さん。

 

その後、この日のメイン、
縄文杉に到達です。

f:id:onoyu0813:20180509091552j:plain

存在感が違いました。
圧巻です。
樹齢は確かなことは
わかっていませんが、
推定7000年以上との
調査結果もあるそうです。

f:id:onoyu0813:20180509092356j:plain

ちなみにこの舗装路、
最近新しく作られたそうです。
現在は北側展望と南側展望があり、
2か所から縄文杉を眺めることができます。

 

縄文杉を見納め、本日の宿泊場所へ。
当初は高塚小屋でテントを
張る予定でしたが、さすがGW。
いっぱいでした。

その為、さらに1時間ほど先へ進み、
新高塚小屋まで行きました。
こちらはテントを張れる
スペースが余っていました。
また、小屋の中も寝ることができる
スペースが少しだけありました。
(それでもかなりの混雑です!)

テントを張り、食事をし、就寝。
2日目はこれにて終了です。

AM9:00~PM18:00
およそ9時間の山行でした。
ロッコが長かった・・・(笑)

 

次の日は宮之浦岳を目指します。
3日目に続く。

おわり。

屋久島トレッキング 3泊4日 ~1日目 フェリーはいびすかす~

5/3(木)~6(日)、屋久島に
行って参りました。

そのうち5/4(金)~5(土)の
2日間は宮之浦岳登山です。

1日目はすべて移動。
飛行機、バス、タクシー、フェリーと
乗り換えの連続です。
さらに、乗り換えの時間があまり無く、
せかせかと動き回りました。

 

富士山静岡空港から
鹿児島空港まで飛行機。
13時過ぎから、
およそ1時間半で到着しました。

その後バスで鹿児島中央駅まで。
およそ40分。
そこからタクシーに乗り、
30分程でフェリーはいびすかすの
乗り場である谷川港に到着です。

はいびすかすの乗車券は17時で
販売終了してしまうため、
一つでも乗り物乗るのに手間取ると
乗車券を買えない可能性があります(;^_^A

すべてスムーズに乗り継ぐことができ、
16時半頃に谷川港に到着しました。

 

はいびすかすは18時発の夜行便でした。
船の中で雑魚寝です。

f:id:onoyu0813:20180508105125j:plain

 

f:id:onoyu0813:20180508105130j:plain
夕暮れのいい時間です。
夕日がとてもきれいでした。


前日に雨が降っており、
波が荒かったです。
その為、船が揺れる揺れる・・・。
見事に船酔い。
屋久島に到着する頃には
ぐったりしていました(笑)

 

そんなこんなで翌朝7時頃に
屋久島に到着しました。
船酔いはもうこりごり・・・。

 

2日目に続く。

おわり。

登山記録 ~至仏山~

GW前半、4/29~30に尾瀬
至仏山に行って参りました。

去年3月にも尾瀬
行こうとしましたが、
冬季で道が閉鎖されて
辿り着けなかった為、
一年越しのリベンジです
(調べてから行けよ)。

 

駐車場からバスに乗りかえ、
鳩待峠に到着です。

f:id:onoyu0813:20180501225937j:plain


バスを降りるとすぐに
鳩待峠小屋がありました。
その先すぐに登山口です。

 

f:id:onoyu0813:20180501230027j:plain

 

4月末で、下界はとても
温暖な気候にもかかわらず、
道中ずっと雪道でした。
しかし天候は大変良く、
とっても暑かったです。
半袖でいいぐらいでした。

雪道はやはりしんどいですね(;^_^A
苦労の末至仏山山頂へ!
今回、写真をあまり
取らなかったことが悔やまれる・・・。

その後至仏山荘へ。
山荘までの道は急な下り坂の為、
ほとんど滑り落ちてきたようなものです。

そして小屋に到着!
11時から登山開始し、
山小屋についたころには夕暮れの時間帯。
登りはじめの時間をもっと
早くするべきでした(-_-;)
反省です。
山荘のお兄さんが心配しつつも、
暖かく迎え入れてくれたので一安心です。
この日は至仏山層に一泊です。

f:id:onoyu0813:20180501230707j:plain

 

山荘付近から見た燧ケ岳。

f:id:onoyu0813:20180501230810j:plain

 

山荘は尾瀬ヶ原方面に向かう
観光客も利用するためか、
二人以上なら専用の個室が利用できます。
なんとお風呂がある為、
汗だくの身体を洗い流すことができます。
(もちろん石鹸は使いません。)
こたつもあり、売店も充実しており、
大変居心地がよかったです。
ここでも写真を撮らなかった
ことが悔やまれる・・・。

 

夕食を食べ就寝。

翌朝、朝食を食べゆっくりと支度し、
チェックアウトぎりぎりの8時ごろ出発。

当初の予定では尾瀬ヶ原方面に向かい、
竜宮小屋まで足を運ぶつもりでしたが、
前日の疲れと時間の関係で予定変更。
そのまま直接鳩待峠へ
戻ることにしました。

10時ごろに鳩待峠に到着。
再びバスに乗り駐車場へ。
そこから2時間以上かけて草津温泉へ。

大滝の湯と西の河原公園と、
贅沢に2か所の温泉に入浴しました。
2日間の疲れを草津の名湯で
労わることができ、感無量です(笑)

湯畑もしっかりと観光しました。

f:id:onoyu0813:20180501232110j:plain

夜はライトアップするので、
それも見たかったですが、
帰らなければならない為お預けです。
同じ理由で熱の湯乃湯もみも断念。
ぜひとも次回来たときは
こちらも堪能したいですね。

GW前半戦、幸先の良い滑り出しです。
後半戦は写真をたくさん撮ろう(;^_^A

おわり。

 

砕き(?)ミックスナッツのペペロンチーノ

先日”山と食欲と私”の新刊出ました。
私はHPの無料掲載マンガより、
単行本派です。
経済回していかないとね(笑)

 

f:id:onoyu0813:20180420000721j:plain

 

たしか4巻で載っていた、
”砕きミックスナッツのペペロンチーノ”
にものすごく惹かれ、作ってみました。

パスタを茹でている間に
フライパンにオリーブオイルを引き、
乾燥ニンニクとナッツを炒めます。
油断するとニンニクやナッツがすぐに
丸焦げになってしまうので、
(火加減の問題だろうな・・・)
サッと炒める程度で。

 

f:id:onoyu0813:20180420000610j:plain
※ナッツ砕き忘れました(笑)

 

パスタがゆで終わったらそのまま
フライパンに入れ、
絡めていきます。

塩やオリーブオイルを
追加して出来上がり。

 

f:id:onoyu0813:20180420000708j:plain

 

パスタの盛り付けって
難しくないですか?
お店で出るように、
巻きながらキレイに盛り付ける
やつなかなかできないです。
(不器用の極みですので。)

 

今度は山でやってみよう。

 

おわり。